キャッシングは収入証明が不要

通常お金を借りる時には収入証明が必要になります。これはその人に収入がどれだけあるのかを証明するもの全般を指し、給与所得者の場合は給料明細、自営業の方の場合は源泉の証明書などがこれに当たります。
しかし緊急でお金が必要な時にこれらを用意するのは大変でしょう。元々有料明細を全て取っておいている人はいいのですがそうでない人はまた発行してもらわなければいけません。その時に会社にお金を借りようとしていることがばれることもあります、住宅ローンとごまかすのも方法ですが家を建てていなければ嘘もばれるでしょう。キャッシングでしたら収入証明不要でキャッシングが借りられますので誰にも借金がばれることはありませんし安心です。

キャッシングは少額融資サービスで便利に貸し付けができるのが売りですので面倒な証明書類は大体の場合求められません。ですので給料については自己申告ですし自分の収入をごまかして借りることも可能です。しかしそれをすると嘘がばれた時にキャッシングの契約を破棄されてしまい一括で元本も利息も返済しなければいけなくなりますので絶対に辞めてください。しかもブラックリストに掲載され、他の会社からも借りられなくなる可能性があります。

そして総量規制対象外のキャッシングでも場合によっては収入証明が必要になるので注意してください。大体50万以上融資してもらうときには必要になります。初めて利用する場合にはそれほど多く借りられないことが多いのでどちらにせよ収入の証明書類は不要になることが多いでしょう。